2月4日誕生日の花と花言葉歌句

f:id:gashuu:20210204150545j:plain

2月4日 誕生日の全国35万人の皆さん、おめでとうございます
         
        (拙句)立春やまだ明けやらず雨の音   雅舟
           
【花】 フキタンポポ(キク科) 【花言葉】 公平な裁き
  
【短歌】フキタンポポ今日は綿毛をそよがせるひとつがありて陽が射している
                                                                                      鳥海昭子
         葉がフキに似ていて花がタンポポに似ています。
         綿毛もまるでタンポポのようにふわふわして、
         かわいい。春が近づき次々に咲く気配です。
         
【季語】 立春  
            
【俳句】 立春や月の兎は耳立てて       星野 椿

     春立つや子規より手紙漱石へ   榎本 好宏
          
     立春の樹間の水を聴きにゆく   山本 千之      

【三行詩】 春立つ日

      密かなる

      この悦び 
  
【万葉歌】春山の咲きのををりに春菜採む妹が白紐見らくし良しも
                                                                          (巻8ー1421)
          
【2月4日 誕生日の有名人】
 メンデルスゾーン(1809) リンドバーグ(1902) 前島密(1835)
 小野清子(1936) 加藤 剛(1938) 辻 桃子(1945) 
 宮城谷昌光(1945) 喜多郎(1953) 小泉今日子(1964) 
    
    ~今日も一日佳き日でありますように~

春の気配 10句抄

春立つや愚の上に又愚にかへり   小林一茶

春立つと古き言葉の韻よし     後藤夜半

春立つとあかつき闇のほぐれつつ  久保田万太郎

立春 の朝霧しづる枯枝かな                 臼田亞浪

立春 の雪白無垢の藁家かな                 川端茅舍

如月を夢の中でも抱きしめる    花森こま

かもめにはかもめの白さ寒明ける  原 和子

春来つつあり万感と言う言葉    清水径子

春めくと梯子の上で父が言ふ    菖蒲あや 

春寒や貝の放さぬ海の砂      井上かつこ

 

 

【首~】10首歌

【首長】は【首相】にあらずただ単にTopに過ぎない行政の長

よく言ったものだね三人の一人独身子は三界の【首枷】

事後処理の無心のわざか【首切り】免職ご随意に

【首根っこ】押さえられてはたまらない近寄らないよう姿くらます

若き日の【首った丈】なる娘あり時移りゆき茫然と見る

手抜かりのなきよう辞書と【首っ引き】後世に残るもの書くためには

Necklace【首飾り】など似合わない媼になれどお洒落好きなの

【首の座】に直るしかない覚悟決めどのようにでも捌いて下さい

【首を挿げ替える】ともいかにせんあの国柄は本質的に駄目

【縊る】とは物騒なこと恐いこと他殺自殺のどちらにしても