『芭蕉との対話』抄

   
      芭蕉 発句                   雅舟 添句
          
  053  荒海や佐渡に横たふ天の河       芭蕉と語る宇宙飛行士
 
  055  あらたふと青葉若葉の日の光      東照宮はほどほどに去る
  
    061  有難き姿拝まんかきつばた       餓鬼つばたでは宗鑑あはれ  

    076  いざ行かむ雪見にころぶ所まで     童心晒す風狂の人

  086  石山の石より白し秋の風          半分、青し。春風駘蕩

  106  芋洗ふ女西行ならば歌詠まむ       秋陽に晒す眩しきかひな

  120  憂き我をさびしがらせよ閑古鳥       郭公八方響き渡る日

  139  馬に寝て残夢月遠し茶のけぶり       西行の古歌小夜の中山

  267  菊の香や奈良には古き仏たち        据ゑ置くだけの粋な計らひ

  306  草の戸も住み替る代ぞ雛の家        桃の節句も近づく庵

  314  草臥れて宿かる頃や藤の花          うち捨て難き旅の具多し

    424  五月雨の降り残してや光堂       かすかな蛍火値千金

  489  須磨寺や吹かぬ笛聞く木下闇      敦盛遺愛の青葉の美笛

  542  父母のしきりに恋し雉の声        高野はもののあはれなる春

  553  塚も動けわが泣く声は秋の風       連句一座に一笑見えず  

  620  夏草や兵どもが夢の跡             遠く遥けし矢叫びの声

  642  奈良七重七道伽藍             浮き立ちてゆく九重の臣                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              

    660  蚤虱馬の尿する枕もと           その上苦虫かみつぶすほど

  669  芭蕉野分して盥に雨を聞く夜かな    茅舎の感に独り耐え抜く  

  779 文月や六日も常の夜には似ず          デート前日気もそぞろなり

  788  古池や蛙飛び込む水の音            一瞬にして元の静寂

    811  ほととぎす鳴くや五尺の菖草       あやめも知らぬ恋もする夏

   833  眉掃を俤にして紅粉の花         末摘花の熱き唇

  847  道のべの木槿は馬に食はれけり     馬酔木ならねば心配無用

   902  やがて死ぬけしきはし見えず蝉の声   他人事ならず無常迅速

   933  行く春や鳥鳴啼き魚の目は泪       何も語らぬ春愁の花  

   944  義朝の心に似たり秋の風          殺戮非業愁殺哀史

   946  吉野にて桜みせうぞ檜笠          乾坤無住同行二人

    951  世にふるも更に宗祇のやどり哉      深みゆくなり幽玄の境

  971  若葉して御目の雫ぬぐはばや       鑑真潮風で盲目となる

 
   
           芭蕉発句                    門人 付句

  002  青くても有るべきものを唐辛子     提げておもたき秋の新鍬(洒堂)  

    013  秋近き心の寄るや四畳半        しどろに伏せる撫子の露(木節)

  035 紫陽花や薮を小庭の別座舗      よき雨あひに作る茶俵(子珊)

  041  あつみ山吹浦掛けて夕涼み       海松刈る磯に畳む帆莚(不玉)

  043  あなむざんやな甲の下のきりぎりす    ちからも枯れし霜の秋草(享子)

  069   生きながら一つに氷る海鼠かな    ほどけば匂ふ寒菊の菰(岱水)      

   063   ありがたや雪をかをらす南谷      住程人の結ぶ夏草(露外)

  072  いざ子供走りありかん玉霰        折敷に寒き椿水仙(良品)

  079  十六夜はわづかに闇の初め哉     鵜舩の垢を架ゆる渋鮎(濁子)

   122   鶯の笠落したる椿かな          古井の蛙草に入声(乍木)

   124 鶯や餅に糞する縁の先          日も真すぐに昼の暖か(子考) 

 132  打ち寄りて花入探れ梅椿         降こむママの初雪の宿(彫棠)

 141  馬をさへ眺むる雪の朝かな        木の葉に炭を吹起す鉢(閑水)

 142  海暮れて鴨の声ほのかに白し      串に鯨をあぶる杯(桐葉)

  145  梅が香にのつと日の出る山路哉     處々雉子の啼たつ(野坡)

  155  梅若菜丸子の宿のとろろ汁        かさあたらしき春の曙(乙州) 

 418  さまざまのこと思ひ出す桜かな      春の日はやく筆に暮行く(探丸)

 431  五月雨を集めて早し最上川        岸にほたるを繋ぐ舟杭(一栄)
 
 471  白菊の目に立てて見る塵もなし      紅葉に水を流すあさ月(園女)

 531  旅人と我名呼ばれん初しぐれ       又山茶花を宿々にして(由之)