6月22日誕生日の花と花言葉歌句

\¤\᡼\¸ 1
  6月22日誕生日の全国35万人の皆さんおめでとうございます 
         
    (拙句)繍線菊やまだ下野の人に会わず   雅舟 
       
【花】シモツケ     【花言葉】いつかわかる真価
  
【短歌】老夫婦しずかに住める垣にそいシモツケの花ことしも咲けり                       
 バラ科の小低木で、枝の先端に小さな花がひとかたまりになって咲きます。老夫婦の穏やかな日々にも、シモツケの花がまた新たな日々を刻みます。
              
【季語) 繍線菊(しもつけ)

【俳句】 後の日に知る繍線菊の名もやさし   山口 誓子        

     しもつけの花びら綴ることばかり   後藤 夜半
       
     繍線菊の咲けばほのかに兄恋し     黒田 杏子
          
【三行詩】最初の発見地下野にちなむ

     漢字は漢名の借用

     霞がかかったような雄蕊
 
【万葉歌】下毛野みかもの山の小楢のすま麗し児ろは誰が笥か持たむ
                                                                               
【6月22日 誕生日の有名人】
  フンボルト(1767) 坪内逍遥〈1859〉 山本周五郎(1903)                      坪内美詠子(1915)  木村 功(1923) 野村万作(1931) 
  安達瞳子(1936)    柳 美里(1968) 平野啓一郎(1975)
       
     ~今日も一日佳き日でありますように~